Home > スポンサー広告 > 大荷物

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

スクール校長 URL 2006-10-02 (月) 20:58

あの頃は無茶苦茶だったもんね!俺ら世界中どこ行っても暮らしていけると思ったよ!荷物多いのは未だに変わりません。隣のスキー場のパウダー攻めに行くだけで板4本持っていきます。。。

でも、冬になったら滑りに来てね!

babi URL 2006-07-20 (木) 17:42

あははは!!加藤ちゃん昔から荷物多すぎやったもんなぁ。
僕はジャージ野郎なんでまだ荷物少なかったけど、でもスノーボードとかサーフィンは重くなるで。
以前にバートンの本社に行った時もプロトの板もらって、7本位ボードケースにつめこんでたよなぁ。
しかもありえへん位の機内持ち込み手荷物!!
僕は、早く空港に行って日本人のツアーを見つけて、よく一緒にチェツクインしてもらっていました。

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://snowboardschool.blog18.fc2.com/tb.php/214-a3adf365
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 加藤順一 オフィシャルブログ

Home > スポンサー広告 > 大荷物

Home > Snowboard School > 大荷物

大荷物

               
            ☆人気blogランキング☆

EFFA0075.jpg
いつもそう。

通常、旅に出る時どれだけ荷物を少なくしコンパクトにまとめるかを考えるんだけど、私にはあてはまらない。。。

私の場合、どれだけ荷物に対するオーバーチャージを取られないようにするかを考える。。。

まっ、要するに荷物が多いんです。

じゃあどれだけ荷物が多いかというと、
《国内の場合》
フルサイズボードケース150L
ダブルデッキバッグ75L
バックパック35L。

《海外の場合》
フルサイズボードケース150L
ダブルデッキバッグ120L
カーゴバッグ70L
バックパック35L。

しかもパンパン!


着ない物や使わない物を持っていってる訳ではないんだが、一向に荷物が減る様子がない。私はジャージを着ないので私服が若干多いのとボードの本数、だがそれにしてもの量です。

でもね、幾度となる遠征で、いかにしてオーバーチャージを取られないかという術を身に付けることが出来た。たいした事ではないんだけど。

以前、ヨーロッパ遠征の帰り、スイスのZURICHから成田へのフライトで荷物が100kgを超えた時があった。しかも重量規制には厳しいスイスインターナショナルエアラインズ。複数ならまだしも私一人。

通常、預け入れ手荷物の重量はエコノミー20kgまで・ビジネス40kgまで、ファースト60kgまで。重量オーバーの場合、1kgにつきファースト大人片道正規料金の1%にあたる料金かかる。ざっと計算して30万円。。。

人間一人に対して荷物100kgなんておかしいよね。当然聞かれるんだけど、そこがポイント。だいたいReceptionでのファーストコンタクトで決まるんだ。聞かれる前になぜ荷物が多いのか喋っちゃう。遠征の内容やイベントの事、航空会社のことや世間話など。いっぱい喋りましょう。

これで、オーバーチャージ¥0です。

一番肝心なのは笑顔の挨拶です!

オーバーチャージは、一定の基準はあるものの、receptionistの裁量で決まることが多く、よく『行きは取られないのに、なぜ帰りは取られるんだ』という事が起こるんですね。

話をしているうちに『じゃあこの部分はサービスするは』みたいな感じになってきます。

もしNONと言われても交渉してみましょう。大抵大幅な値引きか無料になるかもしれませんよ。

たまに、満席状態にもかかわらず、2人掛けシートを『1人で使ってもらって結構ですよ』みたいな事もあった。




他の方法としては、出発前日に現地の旅行代理店に行き、リカンファームと同時に預け入れ手荷物の交渉をしてみる。大抵、空港に精通してるキーマンがいるので、無料にはならないかもしれないが大幅な値引きになることが多いんです。

交渉してみることが一番ですね。


荷物とは関係ないんですが、Receptionで食事をカスタマイズすることが出来るんです。何回かベジタリアンフードを頼んだことがあるんだけどなかなか美味しかった♪


でもね、自分で言うのもなんだけど荷物多すぎ。。。これを機に変えていくべか!



           ★ランキングに参加しています★
         1日1回ポチッと押して頂けると嬉しいです

               banner_04.gif

               ブログランキング

              あなたのワンクリックで
       スノーボードが好きな人達の交流が広がります

        有り難うございます、とても励みになります♪
スポンサーサイト

Comments:2

スクール校長 URL 2006-10-02 (月) 20:58

あの頃は無茶苦茶だったもんね!俺ら世界中どこ行っても暮らしていけると思ったよ!荷物多いのは未だに変わりません。隣のスキー場のパウダー攻めに行くだけで板4本持っていきます。。。

でも、冬になったら滑りに来てね!

babi URL 2006-07-20 (木) 17:42

あははは!!加藤ちゃん昔から荷物多すぎやったもんなぁ。
僕はジャージ野郎なんでまだ荷物少なかったけど、でもスノーボードとかサーフィンは重くなるで。
以前にバートンの本社に行った時もプロトの板もらって、7本位ボードケースにつめこんでたよなぁ。
しかもありえへん位の機内持ち込み手荷物!!
僕は、早く空港に行って日本人のツアーを見つけて、よく一緒にチェツクインしてもらっていました。

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://snowboardschool.blog18.fc2.com/tb.php/214-a3adf365
Listed below are links to weblogs that reference
大荷物 from 加藤順一 オフィシャルブログ

Home > Snowboard School > 大荷物

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。