Home > スポンサー広告 > 夜のスノーボーディング1

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

スクール校長 URL 2006-10-02 (月) 22:08

YESさんも人と接する仕事だから俺の言ってること共感できるでしょ♪みんなが幸せになるって考えていくと楽しいよね!

yes URL 2006-08-22 (火) 12:57

インストラクターだけでなく、全てのサービス・接客業に言えることですよ。決して上から見下ろしたり、自己満足ではなくいかにお客様に満足してもらえるかですね。

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://snowboardschool.blog18.fc2.com/tb.php/215-265c8350
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 加藤順一 オフィシャルブログ

Home > スポンサー広告 > 夜のスノーボーディング1

Home > Snowboard School > 夜のスノーボーディング1

夜のスノーボーディング1

               
            ☆人気blogランキング☆

EFFA0128-1.jpg
シーズンを通してみると、ナイターでの滑走時間が非常に多い。

もちろん日中も滑っているんですが、私の場合、朝イチのフリーライディング後、レッスンが入らなければデスクワークや外回りが中心となる。

研修や練習会などはナイターオンリーで集中的に行っている為、自ずと夜滑走が多くなってしまうんだ。

でもね、ナイター大好きなんです。ライティングされた斜面は真白に光り輝き、夜空には星が輝く。白と黒と白のコントラストが最高です。

満月の夜に月明かりでパウダーを攻めるのはとても幻想的。

えぼしは平日は22時、週末は0時までナイター営業しているからね。フルに仕事しても毎日3~5時間は滑れる。

インストラクターにとってもナイターは自己レベルを引き上げる上で非常に大切な時間。スタッフ全員でカチカチのバーンを全力で滑り、リフトの上では常にディスカッション。

ライディング技術だけを磨いてもインストラクターとしてはかえってマイナス。分析力・指導力・表現力を平行して身に付けて行かなければなりません。インストラクターの使命は『お客様に最高の経験を提供すること』ですから、テクニカルブックと睨めっこしても答えは出ませんし、一人で黙々と滑ってもそれか良いのか悪いのかさえ分かりません。同じ目標に向かっている仲間と共に滑り、話し、評価しあうことが大事です。

そして、お客様に提供した経験を一緒に体感し、喜びを共有することが出来れば、インストラクターとして最高な瞬間でしょう♪





           ★ランキングに参加しています★
         1日1回ポチッと押して頂けると嬉しいです

               banner_04.gif

               ブログランキング

              あなたのワンクリックで
       スノーボードが好きな人達の交流が広がります

        有り難うございます、とても励みになります♪
スポンサーサイト

Comments:2

スクール校長 URL 2006-10-02 (月) 22:08

YESさんも人と接する仕事だから俺の言ってること共感できるでしょ♪みんなが幸せになるって考えていくと楽しいよね!

yes URL 2006-08-22 (火) 12:57

インストラクターだけでなく、全てのサービス・接客業に言えることですよ。決して上から見下ろしたり、自己満足ではなくいかにお客様に満足してもらえるかですね。

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://snowboardschool.blog18.fc2.com/tb.php/215-265c8350
Listed below are links to weblogs that reference
夜のスノーボーディング1 from 加藤順一 オフィシャルブログ

Home > Snowboard School > 夜のスノーボーディング1

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。